卒業後わずか5ヶ月で保育士から人気イラストレーターに転身

入学直後今までの常識がガラガラと音を立てて崩れ落ちていった

〜私が今まで間違っていた思い込み3つ〜

私の勘違い1『夢や目標が明確じゃないとやるべきことが決まらないと思っていた』

私は絵本の学校を卒業するまで、幼稚園教諭・保育士として働いていました。やりがいのある仕事でしたが、将来結婚して子育てすることを考えたときに、体力的にも精神的にも一生続けられるのかと不安がありました。
「一生続けたいと思える仕事を見つけたい。」そう思いながらもどう行動すればいいか分からず、目標が見つけられずにモヤモヤしていました。
そんなとき、偶然見つけて行き着いたのがウーマンクリエイターズカレッジ。今思い返せば、そこが人生の転機になりました。

入学して最初に学校で教えてくれたことは、知識や技術よりも先に“マインド”の部分です。
学校の先生の体験談を踏まえて夢や目標を持つことの素晴らしさはもちろん、そこに向かうための具体的な実践法が私のモヤモヤという霧を晴らしてくれました。
授業内容は、漠然とした「こうなったらいいな」という思いや、そこにたどり着くまでの行動を逆算して、今やるべきことを具体化させていくという内容だったと記憶してます。
その授業を進めていくうちに自ずと今やるべきことが見えてきたんです。

今までは、目標や夢が明確じゃないとなにをしたらいいか見えてこないと思い込んでいました。
でも、そうでなくてもやるべきことはたくさんあったんです!
それに気づいてからは毎日ワクワクすることが多かったですし、モヤモヤしていた霧が晴れていった感覚でした。

私の間違い2『イラストレーターはみんな、美大卒だと思っていた』

私の勝手な思い込みで、イラストレーターになる人は小さい頃から絵が上手で美大や専門学校で絵を学んでいる人ばかりだと思っていました。

でもウーマンクリエイターズカレッジで担任をしてくれていたつぼいひろきさん(通称こつぼ先生)はサラリーマンやプロボクサーの歴を経てイラストレーターになっていたんです。

こんな人もいるんだな〜と正直私の中でかなり衝撃を受けましたね。

でもそれは珍しいことではありませんでした。

その後他のイラストレーターさんと会う機会があったのですが、同じようにサラリーマンだった人が、今イラストレーターとして活躍していたんです!

全然違う職業についている人でも一から夢を叶えていくことができると分かり「これはもしや私もイラストレーターになれる可能性があるのでは?」と考えるようになりました。

私が今イラストレーターとして活動できるようになったのも、この思い込みがなくなったことが始まりとなっています。

私の間違い3『学校に来る前、知識やスキルがないと授業についていけないと思っていた』

ウーマンクリエイターズカレッジ入学前は、ある程度の知識や技術がないとついていけないのではないだろうか……そんな風に不安を感じていました。

わたしは小さいころ絵を沢山描いてきたわけでも、絵も習ったこわけでも、なかったしお話も作ったことがなかったので、授業についていけるのか、周りの人たちと差ができてしまわないかと心配でした。

でも、1から丁寧に教えてくれたのですぐに不安は解消しました。

たとえば技術の面ではデッサンの仕方、クロッキーの描き方、お話の作り方、絵コンテの描き方など。また、知識的なことは、出版や流通、業界についての話など。どうやって夢を叶えていくかというマインドの高め方も学びました。

まったく知識のない人でもきちんと理解を促し、ついていける授業内容は安心できる点でしたし、入学してよかったと思いました。

学校で前に進む方法を知ってから、少しづつ漠然としていた夢が叶い、今は毎日が楽しく、自分の人生が輝いています。

もし、目標が決まらず、毎日モヤモヤしている方がいらっしゃったら、「そのままでも大丈夫だよ」と伝えてあげたい。

わたしも絵本作家志望として入学しましたが、入学して半年で「やっぱりイラストレーターになりたい!」と方向転換しました。
それでいいと思ってます。やりたいことは行動しながら見つける方法をとってもいいと学校で学びました。
大事なのは、前に進むこと。わたしにとっては、それが学校への入学でした。

迷ったときに心の中でわたしはいつもこういう質問をしています。

「行動して成功した時にどんな未来が待っているのか?」と
「行動しなかった時にどんな未来が待っているのか?」です。

自分の中で両方イメージしてみるといいと思います。
わたしなら、後悔しないほうを選びます!

今はまだ夢の途中です。
今後は憧れの紙媒体や雑誌にも、どんどん挑戦していきたいです。

サクマ ラン
1991年生まれ。
茨城県立取手松陽高等学校音楽科を卒業後、洗足子ども短期大学で保育について学ぶ。
その後東京都葛飾区の幼稚園で3年間勤務、転職後は保育園で1年間勤務。
保育園に勤めながら週に1度絵本の学校へ通い、段々とイラストに興味を持ち始める。
イラストレーターになることを決意し、イラストの研究に励む。
 ***
保育園退職後、2018年4月よりフリーランスとして活動開始。
現在はInstagramフォロワー数1.6万人とコスメコンシェルジュの資格を活かしながらイラストレーター・ライターとして活動中。

POSTED BY : wcc_master

アバター